本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2007年5月 >

記者発表資料
平成19年5月8日
青葉区 総務課
宮口 廣隆
電話: 045-978-2210
FAX: 045-978-2410

青葉区の人口が30万人に到達

・5月1日中に300,063人に

 青葉区の人口が5月1日中に30万人を超え、300,063人となったことを5月2日に確認しました。
日本全体で人口減少、少子高齢化が進む中、青葉区では人口の増加が続いており、特に出生者や市外からの転入者が多く、常に新しい「青葉区民」が誕生しています。
 市内で人口30万人を超えた区は、港北区(平成14年)に次いで2番目ですが、横浜市の人口増加率が鈍化傾向にあり、青葉区に次いで30万人を超える区は出現しないと見込まれます。
 横浜市は「横浜市人口ニュース」で毎月1日現在の人口を公表していますが、この数字は国勢調査を基礎に、前月末日までの転入、転出、出生、死亡等の人口に関する届出をもとに算出、当月1日現在の人口として公表しているものです。このため、「横浜市人口ニュース No.969(平成19年5月1日現在)」の人口は299,954人となっています。この人口に5月1日中にあった届出を増減し算出した結果、人口が300,063人に達したものです。


・子育て世代と年少人口の多い、若い青葉区

 青葉区の人口を年齢別にみると、15歳未満の年少人口が18区で1番多く(注1)、平均年齢も青葉区と都筑区のみ30歳代である(注2)など、非常に若い年齢構成で、子育て世代が多いことが特色の一つです。
注1)1位:青葉区47,751人 2位:港北区40,209人 (平成19年1月1日現在)
注2)1位:都筑区37.5歳   2位:青葉区39.4歳   (平成19年1月1日現在)

  
・30万人に到達した5月1日に誕生した新生児に区長メッセージ等を贈ります

 少子化が進むこの時代、青葉区では「活力にあふれた青葉区」を目指し、子育て支援事業に力を注いでおり、区民とともに次代の青葉区を担う子どもたちの誕生を祝うことには意義があると考えます。
 そこで、後日、5月1日に誕生した新生児の御自宅に細谷区長等が訪問して、御家族に区長メッセージと記念品をお贈りする予定です。

トップページ > 記者発表資料 > 2007年5月 >
青葉区総務課 - 平成19年5月8日作成 - 平成19年5月10日更新
ご意見・お問い合わせ - ao-somu@city.yokohama.jp - 電話: 045-978-2210
©2007 City of Yokohama. All rights reserved.