本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2008年1月 >

記者発表資料
平成20年1月11日
保土ケ谷区 総務課
川俣 浩一
電話: 045-334-6202
FAX: 045-334-6390

横浜国立大学と協働で、「防災とボランティア週間パネル展示」を実施

 保土ケ谷区では平成20年1月15日(火)から21日(月)までの防災とボランティア週間にあわせて、防災意識を啓発することを目的とした「防災とボランティア週間パネル展示」を、横浜国立大学佐土原研究室※と協働で実施します。
 今回のパネル展示は横浜国立大学佐土原研究室が、阪神・淡路大震災の被災・復興の様子などをもとに作成したパネルを、保土ケ谷区役所1階の区民の待合いスペースに設置し、来庁者の皆様に対して防災啓発を図るものです。
 ※佐土原研究室(佐土原聡教授)は横浜国立大学大学院環境情報研究院人工環境と情報部門に属し、都市防災、環境調和まちづくり、都市インフラ計画、都市環境デザインをテーマに実戦的な研究活動を進められています。


★日時・会場
・1月15日(火)〜1月21日(月) 8:45〜17:15
・保土ケ谷区役所1F 区民待合いスペース (保土ケ谷区川辺町2−9)

★主な展示内容
・防災とボランティア週間の説明、阪神・淡路大震災の概要・被害状況
・震災直後とその10年後の比較、復興状況  など、A0版パネル4枚程度を展示

詳細URL

トップページ > 記者発表資料 > 2008年1月 >
保土ケ谷区総務課 - 平成20年1月11日作成 - 平成20年1月23日更新
ご意見・お問い合わせ - ho-somu@city.yokohama.jp - 電話: 045-334-6202
©2008 City of Yokohama. All rights reserved.