本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2008年5月 >

記者発表資料
平成20年5月20日
保土ケ谷区 学校支援・連携課
中野 成紀
電話: 045-334-6380
FAX: 045-332-7409

ブルガリア共和国ソフィア市の高校生が保土ケ谷区でホームステイ! 〜区民との交流や区内高校にて授業体験などを行います〜

 保土ケ谷区では、市内18区で初めての試みとして、平成20年3月に市民の交流と相互理解の促進のために、文化・教育・スポーツなどをテーマにブルガリアの首都ソフィア市とパートナー都市協定(※1)を締結しました。(協定の期限は平成20年3月から平成22年3月)

 今回、この協定に基づく交流の一環として、ソフィア市のウイリアム・グラッドストーン第18総合教育学校(※2)で日本語を学んでいる生徒5名と引率教員1名の計6名が保土ケ谷区にホームステイのため来日し、区民交流や茶道・華道など日本文化に触れたり、高校で授業体験や食文化交流などを行います。
 恐れ入りますが、取材をしていただける場合は、5月22日(木)午後1時までにご連絡お願いします。

(※1)パートナー都市協定とは
目的と期間を定めたテーマ型の交流を行う。従来からある姉妹・友好都市交流が目的を特定しない包括的な交流を行うものであったのに対し、文化・芸術、教育・スポーツなど特定のテーマを交流目的とします。
交流期間も姉妹・友好都市では実質的に無期限であったのに対し、交流期間を設定します。

(※2)ウイリアム・グラッドストーン第18総合教育学校
ソフィア市内にあるウイリアム・グラッドストーン第18総合教育学校は公立の総合教育の学校で、1年生から11年生(7歳〜18歳)の約1,400人の生徒が通っています。1907年に英国の首相だったグラッドストーン氏の寄付によって設立され、語学に重点を置いた大学進学率の高い学校です。

詳細URL

トップページ > 記者発表資料 > 2008年5月 >
保土ケ谷区学校支援・連携課 - 平成20年5月20日作成 - 平成22年6月16日更新
ご意見・お問い合わせ - ho-chiiki@city.yokohama.jp - 電話: 045-334-6380
©2008 City of Yokohama. All rights reserved.