本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2008年8月 >

記者発表資料
平成20年8月14日
青葉区 区政推進課
担当課長 日比野 政芳
電話: 045-978-2349
FAX: 045-978-2410

電子メールの誤送信による個人情報の漏えいについて

1 概要
  青葉区区政推進課から複数のあて先に同時に送信した電子メールについて、他の受信者の氏名やメールアドレスが判別できない方式(Bcc)で送信すべきところ、受信者全員の氏名及びメールアドレスが判別できる方式(Cc)で送信したことにより、個人情報である個人の名字及びメールアドレスが漏えいしていたことが、8月14日(木)13時に判明しました。

2 漏えいした主な個人情報
  青葉区自主企画事業「協働による地域力アップ事業」の平成20年度補助対象団体9団体の
担当者9人(A氏〜I氏)の名字及びメールアドレス

3 経過
  8月8日(金) 22:00   青葉区自主企画事業「協働による地域力アップ事業」の平成20年度補助対象団体の担当者であるA氏〜I氏にあて、青葉区区政推進課の担当者が11月の青葉区民まつりにおいて設置する広報ブースへの参加を募集するお知らせを、電子メールで送信。

  8月14日(木) 13:00   8月11日(月)から13日(水)まで休みをとっていた担当者が、8月8日(金)に送信したメールが実際に送付されていることを確認するため、電子メールソフトの「送信済みファイル」を開いて確認したところ、誤りに気付く。

        13:00以降 当課から、A氏〜I氏に電話し、誤送信により名字及びメールアドレスを漏えいしてしまったことを謝罪するとともに、当該メールの削除を依頼し、ご了解いただく。
    (16:00現在、9人中5人の了解をいただきました。引き続き残りの4人に了解をいただけるよう連絡をとっていきます。)

* 協働による地域力アップ事業とは、多様な地域課題を解決するため、区民・事業者の皆さんからの自由な発想の提案を受け、区役所と協働により課題解決に取り組む事業です。
  平成20年度は13団体との協働事業を実施しています。

4 原因
  担当職員が電子メールを送信する際、「Cc」(受信者全員の氏名及びメールアドレスが判別できる方式)の欄を、「Bcc」(他の受信者の氏名やメールアドレスが判別できない方式)の欄と誤り、電子メールソフトのアドレス一覧からメールアドレスを入力してしまいました。

5 再発防止策
  電子メールの送信の際には、再度アドレス及び送信方法を確認するよう再度徹底します。
  朝礼や職場研修を通じて、個人情報を取り扱っていることの重要性を再度周知徹底します。

詳細URL

トップページ > 記者発表資料 > 2008年8月 >
青葉区区政推進課 - 平成20年8月14日作成 - 平成20年8月18日更新
ご意見・お問い合わせ - ao-kusei@city.yokohama.jp - 電話: 045-978-2349
©2008 City of Yokohama. All rights reserved.