本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2011年11月 >

記者発表資料
平成23年11月10日
環境創造局 農業振興課
杉山 茂久
電話: 045-671-2639
FAX: 045-664-4425

11月は地産地消月間 市内産キャベツ・ダイコンが市内の学校給食に登場します

 本市では、地産地消の推進のため平成18年から11月を「地産地消月間」と定めて様々な取組みを行っています。
 今年も、農協と生産者が協力し、市内の小学校と特別支援学校に、市内産のキャベツとダイコンを学校給食の食材として直接届けることになりました。この取組みは、毎年行っており今年で6年目になります。

 キャベツとダイコンは、本市で生産される野菜の中で、生産量が1位と2位の野菜です。横浜ではキャベツは5〜6月に収穫される春キャベツ、10〜12月の秋冬キャベツが生産・出荷されています。またダイコンは、11〜12月の冬ダイコンと、3〜5月の春ダイコンが生産・出荷されています。
 今回、この旬の秋冬キャベツと冬ダイコンを農協、生産者の協力によって市内小学校と特別支援学校に給食の食材として、11月15、22、29、30日の4回に分けて供給いたします。

トップページ > 記者発表資料 > 2011年11月 >
環境創造局農業振興課 - 平成23年11月10日作成 - 平成23年11月11日更新
ご意見・お問い合わせ - ks-nogyoshinko@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-2639
©2011 City of Yokohama. All rights reserved.