本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2016年9月 >

記者発表資料
平成28年9月7日
医療局 情報企画担当
佐々木 雅純
電話: 045-671-4813
FAX: 045-664-3851

横浜市の医療政策に医療ビッグデータを活用 全国の基礎自治体で初めて、NDBデータの分析に着手

 横浜市では、適切な医療を提供するために、医療に関する課題把握と解決に向けた政策を展開しています。こうした中、医療ビッグデータを活用した課題解決に期待が寄せられています。
 このたび、医療ビッグデータの代表例であるNDB(ナショナルデータベース:全国のレセプトデータ等を一元化した国が保有するデータベース)データの提供について、全国の基礎自治体で初めて、国から承諾を得ることができました。年内にデータを受領し、分析を進めます。
 また、実際のデータ分析は、統計専門家の協力を得て進める必要があるため、横浜市立大学の臨床統計学教室(山中教授)と連携協定を締結して行います。

トップページ > 記者発表資料 > 2016年9月 >
医療局情報企画担当 - 平成28年9月7日作成
ご意見・お問い合わせ - - 電話: 045-671-4813
©2016 City of Yokohama. All rights reserved.