本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2017年3月 >

記者発表資料
平成29年3月1日
医療局 救急・災害医療担当
黒岩 大輔
電話: 045-671-3740
FAX: 045-664-3851

全国初 災害時、医療機関へ燃料を安定供給〜神奈川県石油業協同組合と協定を締結〜

 横浜市では、災害時の膨大な医療ニーズに対して、市内関係機関が連携することで、医療資源の総力を結集し、人的被害を最小限にする災害医療体制の構築に取り組んでいます。
 東日本大震災では、燃料不足から給油が制限され、被災地内外に関わらず、ガソリンスタンドに長蛇の列ができるなど、社会的な混乱が長期に渡って生じました。市内の医療機関においても、災害による停電時の燃料供給、医療機能の維持が大きな課題となりました。
 その後、災害時の医療機関の燃料確保について検討を重ね、このたび神奈川県石油業協同組合にご協力をいただき、横浜市との間で医療機関に対する燃料の安定供給に関する協定を締結することとなりました。
 なお、市内全医療機関を対象とした災害時の燃料供給に関する協定締結は、全国初の取組です。

トップページ > 記者発表資料 > 2017年3月 >
医療局救急・災害医療担当 - 平成29年3月1日作成 - 平成29年3月3日更新
ご意見・お問い合わせ - ir-kyukyusaigai@city.yokohama.jp - 電話: 045-671-3740
©2017 City of Yokohama. All rights reserved.