本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 記者発表資料 > 2018年10月 >

記者発表資料
平成30年10月2日
都市整備局 都心再生課
黒田 崇
電話: 045-671-3952
FAX: 045-664-3551

「関内駅周辺地区エリアコンセプトブック(案)」の市民意見募集、及び、現市庁舎街区の公募に向けたサウンディング型市場調査を行います!

1.「関内駅周辺地区エリアコンセプトブック(案)」の市民意見募集

 関内駅周辺地区は、横浜の顔として長年にわたり市民に親しまれてきた地区です。この地区の市庁舎移転後の新たなまちづくりの方向性と現市庁舎街区の活用計画は、今後の関内・関外地区をはじめとした都心臨海部全体にとって非常に重要なものとなります。
 そこで、現市庁舎街区の事業者公募においては、募集要項と連動して新たなまちづくりの方向性等を示すものとして、「関内駅周辺地区エリアコンセプトブック」(以下、「エリアコンセプトブック」という。)を策定します。エリアコンセプトブックでは、第1 章において、「関内駅周辺地区の新たなまちづくり」の方向性を示し、第2章において、現市庁舎街区の公募の提案者に向けたメッセージとして、募集要項と連動した複数の望ましい活用イメージの例など「現市庁舎街区活用に期待するもの」をお示しします。
 今回は、平成31年1月の現市庁舎街区の事業者公募を見据え、第1章「関内駅周辺地区の新たなまちづくり」と第2章「現市庁舎街区活用に期待するもの(骨子)」について、市民の皆様のご意見を募集します。
 エリアコンセプトブックは、お寄せいただいたご意見を踏まえ、横浜市現市庁舎街区等活用事業審査委員会の審議を経て、平成31 年1月に、募集要項と同時に策定・公表します。


2.現市庁舎街区活用事業に関するサウンディング型市場調査

 平成31年1月の事業者公募に向けて、現在、横浜市では、公募条件等の検討を行っています。
 今回、民間事業者の皆様との意見交換を通じて事業性等の確認を行い、横浜の顔である現市庁舎街区にふさわしいご提案をいただけるよう、更なる整理を行います。

詳細URL

トップページ > 記者発表資料 > 2018年10月 >
都市整備局都心再生課 - 平成30年10月2日作成 - 平成30年10月3日更新
ご意見・お問い合わせ - - 電話: 045-671-3952
©2018 City of Yokohama. All rights reserved.